大阪カオスな夜

大阪近辺のカオスなスポットやイベントなどを紹介 星好きな人もどうぞ!

イリジウムフレアを撮影できました@2019.1.4 5:25

こんにちは。

 

しぶんぎ座流星群の観望&撮影にまたまた大野山まで行ってきました。

 

霧も雲も全くなく、夜空にピタッ!と張り付いたような星がたくさん見えて最高のシーイングでした。

 

到着したのが3:30ごろ。

つい先日の12月13日のふたご座流星群の時には大勢の人が来ていたので、今日もたくさんいるんだろうなと思っていると、ほんの少しの人しか居ませんでした。

 

かなり寒かったので、こんな日に。。って感じでしょうか?

 

そういう自分も山頂に到着すると「こりゃ寒すぎる。。。」と感じたので、極大のピークだけを狙おうと5時頃までは車の中で待機。

(ピークは夜明け後の11時なので薄明の始まる直前までが日本での観測可能ピーク)

 

そこから約一時間の間にかなりたくさんの流れ星が見られましたが、何故かしぶんぎ座と関係のない散在流星がかなり多かったと思います。

 

しかも、しぶんぎ座流星群に当てはまるだろうという軌跡の流れ星はけっこう暗めのものばかりのような気がしました。

 

薄明が始まるまでの40分ほどの間に撮った写真のなかでは、残念ながら流れ星は収められませんでした。

 

大野山は南側の大阪方面からの光があるので、流れ星を収めるための長めのシャッター速度ではISOは1600ほどしか上げられないんですよね。

特に天頂ではなく地上物を構図に入れるとかなり制約が出てきます。

 

ところがですね。

偶然にイリジウムフレアを収められたんですよ!

 

イリジウムフレアとは》

イリジウム衛星のパネルが太陽の光に反射して、数十秒間くらい地上の特定方向に向かって大きく輝きを見せるという現象なのです。

 

太陽・人工衛星・地上観測点という三角位置関係が成立する必要があるため、例えば地上の観測地点が真夜中の場合には太陽が真裏に位置しているので人工衛星に太陽光が当たらず、こういう現象が起こりません。

見られるのは日没から2~3時間後か日の出の2~3時間前になります。

 

この現象を目撃した人がUFOと誤認して天文台やテレビ局に問い合わせることがよくあると言われています。

 

特段珍しい現象ではなく、予報なども出ているようですが、僕自身これを目撃したのは2回目で、写真に収められたのは初めてです。

 

イリジウムフレアとして明るく発光するまでは、写真でもよーく見てみないと見逃すくらいの明るさなので、かなり運が良かったと思います。

 

f:id:dmaiden:20190110000129j:plain
1枚目 黄色で挟んだ間にうっすらと人工衛星の軌跡があります。

おそらく、これだけだと写っていることすら気が付きません。

僕もこの時点では目視では気がついていませんでした。

 

f:id:dmaiden:20190110000214j:plain

2枚目 1枚目よりは分かりやすいですが、これでもかなり暗い軌跡です。

 

f:id:dmaiden:20190110000254j:plain

3枚目 増光→最大光度→減光とちょうどシャッタースピードの20秒の間で収められています。

f:id:dmaiden:20190106113128j:plain

ここまで拡大したら分かりますが、最大光度の部分は完全に白飛びして飽和しきっている状態です。

いかに明るかったかということですね。


 

1枚目と2枚目は軌跡の長さが違うように見えますが、僕のマーキングが適当なだけです。(笑) 

 

偶然にイリジウムフレアを捉えたと考えたら流れ星を見るよりも貴重な確率ですね。(^^♪

 

f:id:dmaiden:20190110000416j:plainアンテナ塔の上が月 その右上が木星 さらに右上の明るいのが金星

薄明が始まった頃、山頂まで登りました。

ここしばらく月と木星と金星が並んで見えています。

 

 

www.nao.ac.jp

 

f:id:dmaiden:20190105183243j:plain

 今度は天文台側から登ってきた朝日を眺めます。

 

f:id:dmaiden:20190105183436j:plain

 反対側の西側の山にも日が差してきました。

 

f:id:dmaiden:20190105183555j:plain

この日も綺麗に雲海が張っていました。

 

f:id:dmaiden:20190105183714j:plain

樹氷が朝日に照らされて綺麗ですよ!

 

f:id:dmaiden:20190105183848j:plain

 

大阪中心部から車で1時間。

いや~、猪名川町(大野山)ってほんとにいいところですね!

 

この時期の山頂まではスタッドレスタイヤの装備は必須です。

 

 

《関連記事》

 

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

 

こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp

しぶん儀座流星群@2019年1月4日夜半~早朝

こんにちは。

 

さて、新年早々の天文イベントは1月4日未明から早朝(1月3日~4日にかけての夜)。

三大流星群のひとつである『しぶん儀座流星群』です。

 

国立天文台より

www.nao.ac.jp

 

観測に最も適しているのが1月4日(金)に切り替わってからの夜半~明け方までです。

 

月明かりの影響もなく、条件は良いです。

但し、今年の極大(ピーク)時刻が4日11時なので、これからもっと流れる!というピークに差し掛かる前に夜明けになってしまいます。

 

ちなみに「しぶん儀座」という星座は現存していない星座です。

 

もともと3大流星群のなかではムラのある出現でピークの幅も狭いのが特徴のしぶん儀座流星群。

 

自分もこの流星群は当たり回数が少ないです。

ほとんどまともに晴れていないか、月の影響があったとかですね。

天候がダメなことがホントに多かった気がします。

 

今回は予想通りであればピーク時間帯は外しているので最良の条件とは言えないですが、逆に悪い条件でもないので、ぜひお正月休みの観望を楽しんでください。

3時くらいから夜明けまでを観望の目途にするといいと思います。

ただ、いちばん冷え込む時間帯でもあるので、風邪ひかないように十分暖かくして観望に挑んでくださいね。

 

f:id:dmaiden:20190102120857j:plain

これは春の夜空です 

 

ユニクロヒートテックジーンズはいいですよ!

あれ、日中だとインナーなしでジーンズだけでも十分暖かいですが、さらにヒートテックのインナーも重ね履きしておけば激寒の観望も楽に過ごせます。

持ってない人は当日の夜に備えてユニクロへ直行!!(笑)

 

《三大流星群とは》

しぶんぎ座流星群」 1月4日前後の夜 20個~50個/h

ペルセウス座流星群」 8月12日前後の夜 50~60/h

ふたご座流星群」 12月14日前後の夜 40~50/h

※極大日は日中の時間帯にあたる可能性もあるので、観望に適した極大日は年によって表記した日の前後となる可能性があります。

 

 

《関連記事》

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

 

こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp

大野山から平成最後の初日の出@猪名川町

明けましておめでとうございます!

 

さて、平成最後の初日の出をお馴染みの場所、猪名川町の大野山で撮影してきました。

 

f:id:dmaiden:20190101174420j:plain

 

今回は動画もあります。


猪名川町 大野山からの初日の出

 

出だしで既に頭が見えているのですが。。

一瞬のタイミングでシャッター切るタイミングが遅れました。

 

そんな訳で一枚目の静止画のほうで脳内変換を願いします。(笑)

 

f:id:dmaiden:20190101174621j:plain

 

f:id:dmaiden:20190101174739j:plain

北側の空は綺麗に雲海が張っていました。

 

f:id:dmaiden:20190101174847j:plain

まるでアルプスの山並みのようですね。

 

f:id:dmaiden:20190101174949j:plain

大阪中心部を望みます。

 

 

f:id:dmaiden:20190101175117j:plain

猪名川天文台

 

今年は昨年に比べてぜんぜん雪が少ないですね。

 

f:id:dmaiden:20190101182911j:plain

 

↑この一枚は機種変したばかりのiPhoneXRで撮りました。

 

他の画像と比較すると、この一枚だけ広角なので必然的にパキッ!と映ってるように見えますが、パッと見ただけでは一眼の写真と区別付かないですね。

 

というか、何も考えずにカメラ起動してシャッター切っただけでこれだけの映りなんだからiPhoneのカメラってすごいですね。

 

1月3日の夜(日付変わって4日にかけての夜)は3大流星群のひとつ、しぶん儀座流星群の極大日です。

 

また明日にでも記事を上げますので!

 

今年もよろしくお願いしますね。

 

 

こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp

関西最大級!「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」@弁天町駅直結!

こんにちは。

 

f:id:dmaiden:20181220082826j:plain

 

2019年の2月に関西最大級の温泉テーマパークが誕生します!

 

www.solaniwa.com

 

2019年2月26日(火)グランドオープン。

JR環状線・大阪メトロ中央線の「弁天町駅」直結!

 

温泉は天然温泉(弱アルカリ性単純泉、浴槽7種類、サウナ、あかすり) 

岩盤浴:7種類(クールルーム含む)
その他:各種エンターテインメント、飲食、物販、ビューティー、リラクゼーション、リクライナーなど
総面積は約5,000坪(16,500m2) 屋上庭園は約1,000坪!(3,300m2)

 

今までのスパリゾートと違うのは、館内を安土桃山の世界観で演出して、館内着には選べる浴衣を無料でレンタル。

さらに有料で忍者や侍、姫の衣装で安土桃山ファッションを楽しめる。

 

さらに女性に嬉しい国内最大級のパウダールームには、国内主要メーカーの美容機器やコスメを試せるセルフエステ(有料)、和デザインコスメを集めたコスメショップまで。

 

温泉で癒され、キレイをエンジョイ、お洒落な浴衣で屋上日本庭園を散策。

もちろん食事も楽しめる。

 

と、至れり尽くせりの温泉テーマパークなのです。

 

営業時間が11:00~翌9:00までというのも嬉しいですね。

 

ユニバや海遊館もそこそこ近いし、新しい大阪のランドマークになる予感!!

 

オープンが待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp

ふたご座流星群@速報写真載せたよ!@ウィルタネン彗星も映せたよ

こんにちは。

 

昨晩のふたご座流星群の写真を載せておきます。

(予想では今晩のほうがよく見れると言われていますが、天候次第ですね)

 

撮影時間は0:30~2:00頃まで。

その間に肉眼では50個前後は見ることができました。

 

そして、現在4等代の肉眼等級になっているウィルタネン彗星」も同時に捉えることができました。

 

冬の星座の代表、オリオン座を中心に、右上にはプレヤデス星団(すばる)、その少し下に〇で囲ったのがウィルタネン彗星というアングルで撮ってみました。

オリオン座のⅯ42星雲もボヤっと赤く見えています。

 

f:id:dmaiden:20181214071531j:plain

囲んだところはウィルタネン彗星 ボ~と緑色のヤツです

上の写真はウイルタネン彗星の左斜め下に流れ星が映ってます。

 

f:id:dmaiden:20181214072416j:plain

この写真が流れ星がいちばんハッキリと映っています。

オリオン座の左側に真下に流れていってます。

 

f:id:dmaiden:20181214072553j:plain

左下の雲の裂け目の少し上に、これも真下に向かって流れています。

 

雲の動きで分かると思いますが、短時間にこれだけハッキリと何枚も写せたのは結構珍しいです。

 

でも、残念ながらどの写真も若干ピントが甘めでした。。

撮り初めにピント固定する際、微妙にズレてるんじゃないかな~と思いつつ、明日が本番だしいいか~、みたいな感じでそのまま撮り続けちゃいました。

 

けど、星の写真って天候が予報通りとは限らないので、空のコンディションがいい時には横着したらダメですね。。。(結果、この日以降の2日間は天候悪かったです)

 

2時頃からは空一面雲が広がってけっこう雪も降ってきたので退散。

 

今晩もいい天気だといいですね!

 

 

 

こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp

三大流星群のふたご座流星群がやってくる@12月14日(金)

こんにちは。

本格的に寒くなってきましたね。

 

三大流星群の『ふたご座流星群』が、12月13日(木)、14日(金)の2夜で条件よく観望できます。

 ☆彡

国立天文台より

www.nao.ac.jp

 

13日(木)と14日(金)では14日(金)の夜(14日~15日にかけての夜)がよりベターと予測されています。

14日(金)だと、多くの人は翌日が休みなので、非常に好条件となりますね。

問題は天候だけです。

 

半月の月が沈むのが23時ごろなので、できればその少し前くらいから夜空を眺めるのがいいでしょう。

 

f:id:dmaiden:20181202174315j:plain

2017年のふたご座流星群 大野山(猪名川天文台)中腹で

 

ふたご座流星群は1時間に40個程度の流れ星が観測できる流星群です。

 

ちなみに三大流星群とは

しぶんぎ座流星群」 1月4日前後の夜 20個~50個/h

ペルセウス座流星群」 8月12日前後の夜 50~60/h

ふたご座流星群」 12月14日前後の夜 40~50/h

※極大日は日中の時間帯にあたる可能性もあるので、観望に適した極大日は年によって表記した日の前後となる可能性があります。

しぶんぎ座がけっこう気まぐれ出現ですが、ペルセウスと今回のふたご座は安定した出現の流星群です。

 

寒さ対策だけは忘れずに。

ヒートテック必須です(笑)

 

f:id:dmaiden:20181202175207j:plain

 

ちなみに昨年のふたご座流星群の時は、大野山(猪名川天文台)の山頂はこんな状態でした。
雪もかなり降っていたので、中腹まで下りて空の切れ間を探しました。

 

今年は暖冬と言われていますが、この時期に山頂まで行くのならスタッドレスは必須です。

行ったことのある人なら分かると思いますが、狭い急勾配のつづら折りの道で、ガードレールもないところがあるので下手すりゃ車ごと谷へゴロゴロ。。となりますのでホントに気を付けてくださいね。

 

特に下りの道は急こう配と急なうねり道のミックスポイントがいくつかあるので、降雪時にはビビッて停まっている車を何度か目撃しています。

 

先週あたりから本格的に寒くなってきたので、もう山頂は雪があるかもしれないですよ。(ちなみに山頂は標高753m)


※雪で走行不能となって車中泊する場合は車のエンジンは必ず切っておきましょう。

 マフラー周りまで積もると一酸化炭素中毒で軽くあの世行きです。

 

 

【観望の寒さ対策とトリビア

ダイソーとかで銀色の保温レジャーシートがあるので、それを敷いて毛布にくるまっていれば、幾分か暖かく観望できます。

 

敷物として最強なのは発泡スチロールなんですが。

 

発泡スチロールは熱反発が強く、自分の体温がそのまま跳ね返ってくるので汗かきな人なら真冬の外でも汗ばんでくるくらいに暖かいです。

ホームセンターで2m×80㎝ 厚さ2~3㎝くらいの発泡スチロールボードが600円(ロイヤルホームセンターの価格)ほどで手に入ります。(スチレンボードではないですよ!値段も違いますが)

ただ、そんな大きなボードは2つに割ってもけっこうな大きさになるので、かなり大きな車でないと運搬は難しいですかね。。

 

天候がいいことを祈って、暖かくして観望しましょう!☆彡

 

星の撮影する時に便利なレンズの夜露防止ヒーター

 

 

 ☆関連記事☆

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

 

 

 こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp

秋の棚田ライトアップに行ってきた@千早赤阪村

こんにちは。

 

以前、告知していたこのイベント。

 

金剛山の里 棚田夢灯り&アートフェスティバル 2018」

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

この日の棚田ライトアップを観に行ってきました!

 

知らなかったのですが、昨年は台風で中止になり、2年ぶりの開催だったということです。

 

天気も良く気合満々だったんですが、諸事情で到着は完全に日が沈んだ後になり。。

夕日を背景にしたショットも収めたかったのですが、ちょっと残念。

 

 

それでも、3000本のキャンドルに映し出される棚田の風景は格別なものでした。

 

また写真貼りつけるだけの内容になりますが、よかったら見ていってください。

 

 

f:id:dmaiden:20181205170109j:plain



消防署前のバス停から降りると、すぐに棚田に向かう道があります。

棚田へは約500mmくらいかな。

もうこの光景だけでドキドキしてきます!

 

f:id:dmaiden:20181205170158j:plain



 

f:id:dmaiden:20181125205605j:plain

ライトアップされた棚田の中央を見下ろす位置が、自然の田んぼのステージになって演奏が行われていました。

観覧位置から距離感のあるステージが幻想感をいっそう引き立てています。

 

f:id:dmaiden:20181205170259j:plain

 

 

f:id:dmaiden:20181205170355j:plain

 

 

f:id:dmaiden:20181205171043j:plain

グランドフィナーレの打ち上げ花火!

 

f:id:dmaiden:20181125212246j:plain

 

カフェやうどんのケータリングも出店して賑わっていました。

写真はイベント終了して撤収作業に入っている頃です。

 

大阪工芸高校の撮影研究部の生徒さんたちのブースもありましたよ。

棚田をバックに記念撮影した写真を展示・プレゼントしてくれる企画だそうです。

 

f:id:dmaiden:20181205171419j:plain



来た道から帰路につきます。

 

また来年、来てみたいですね。

 

冬になると金剛山ロープウェイからの樹氷の眺めが楽しめるそうなので、絶対に行ってみようと思います。

 

osaka-info.jp

 

山頂を眺めながらのお風呂も楽しめますよ!

konanso.com

 

 

 

 関連記事

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

 

 

こんなブログもやってます。

nandemomemo.hatenablog.jp