大阪カオスな夜

大阪近辺のカオスなスポットやイベントなどを紹介 星好きな人もどうぞ!

小藤食堂@南大阪(泉南)の旨い店

南大阪方面でうまい店といってもいろいろカテゴリーはありますが「メシうまいとこ」って聞き方すると「小藤やろ!」ってのが昔から言われてます。

 

どんなお店かというと

 

f:id:dmaiden:20191228172420j:plain

 

こんなとこ。

 

昔からある自分で好きな総菜を取るごはん屋さん。大衆食堂です。(出来立て調理のものもたくさんあります)

ほんとになんでもあります。

地元の人や遠くから駆けつける人、タクシーの運転手さんまでお客さんはいろいろ。

 

開店は深夜の2:30から13:30までというスタイル。

市場関係の仕事もされていたのでそういう営業時間になったとか。

 

そんなところもあってやっぱり魚関係はおすすめ。

自分がいつも楽しみにしているのは。

 

 

f:id:dmaiden:20191228173531j:plain

 

じゃ~ん!!

 

うに丼と天ぷら。(^^♪

もちろん天ぷらは注文してから揚げてくれます。

 

f:id:dmaiden:20191228174105j:plain

あなご&えび&レンコン


あなごなんて天つゆに浸してもシャクッ!!て食感。(*^▽^*)

 

f:id:dmaiden:20191228174700j:plain

この粒立ちのいいウニを見よ!

 

f:id:dmaiden:20191228175516j:plain

しかも庶民のお店だからお値段はこんな感じ。

消費税上がってもほとんど価格変わってないんじゃ。。。

 

うに丼は1000円なり。

小腹空いてる程度だとうに丼だけでも満足できます。

 

最近「〇〇食堂」とかレトロ感を狙ったごはん屋さんもありますが、本当にこういう昔ながらのごはん屋さんって今どきなかなかな貴重なんじゃないですかね。

まあ、あれはあれでおいしいですけどね。

 

f:id:dmaiden:20191228231000j:plain

 

< 営業時間> 2:30~13:30

 

 

※同じ名前のお店が近くにあるけど表記が違います。

 

1月11日(土)2時7分ごろより半影月食@熱心な人向け

こんにちは。

 

1月11日(土)2時7分ごろ(全国共通)から半影月食が起こります。

 

肉眼で確認するのが難しい現象なので写真撮影したいとか熱心な人向けです。

 

f:id:dmaiden:20200106080659j:plain

 

写真は2018年1月31日の皆既月食の際の半影食。

本影に入り部分食が始まる3分前で、つまり半影食においての食の最大のタイミングです。

左下が暗く影になっていますが輪郭までは失っていないのが分かるでしょう。

 

《観望のねらい目は4時頃》 

今回の半影食は4時10分ごろにこういう状況になっているはずなのですが、肉眼でそっくりこのような影が確認できるかどうかはいろんな条件もあるので断言できません。

 

食の始まったばかりの2時台くらいは肉眼では確認できないと思うので観望するなら食の最大の前後30分くらいに注目するのがいいと思います。

特別に空の綺麗なところに出かける必要はありませんし翌日は休みなので、どんなもんかなという程度で見てみるのも面白いかもしれません。

 

ふだん天体観望に慣れていない人は日と時間にも注意してください。

10日(金)~11日(土)にかけての夜です。

一般の人の感覚で土曜日の夜と思い込んでしまうと既に過ぎてしまっていることになります。

 

《半影食についての分かりやすい説明は》

とりあえず半影月食ってなに?というのはコチラで分かりやすい図もついた詳しい説明があるのでどうぞ。

 

国立天文台より

www.nao.ac.jp

 

【関連記事】

osaka-bar-event.hateblo.jp