大阪カオスな夜

大阪近辺のカオスなスポットやイベントなどを紹介 星好きな人もどうぞ!

ドイツとスウェーデンの旅画像@2002年の想い出

お題「思い出の一枚」

 

こんにちは。

今回は大阪でも関西でもなく国外ですが。(笑)

 

大昔のバックアップ用のハードディスクの中身を見ていたら、ドイツとスウェーデンに行った時の懐かしい写真が出てきたのでアップします!

 

昔は星を撮る以外にはカメラ持って旅するとか大嫌いだったのが、気まぐれで安ーいサイバーショットを買って持って行ったんですね。

 

 季節は夏。 7月です。

 

f:id:dmaiden:20181006192608j:plain

機内から 海外へ行くときは座席はいつもこの非常口座席。非常の際に手伝う義務が発生しますが。

 

旅程はドイツのシュツットガルトスウェーデンストックホルム

実はスウェーデンは予定になかったんですが、地図眺めてたら「スカンジナビア半島すぐそこやん」ということで、ドイツに到着してから突然行くことに決めました。(笑)

 

昔からスウェーデンのデザインなんかに興味があったので。

 

ツアーでは旅行したことないし、行き当たりばったりな、ほんとに写真だけでろくな案内もありませんが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

 

まずはドイツ・シュツットガルトから。

 

f:id:dmaiden:20181007230437j:plain

シュツットガルトはベンツの本社所在地です。

ポルシェもだけどね。

 

f:id:dmaiden:20181007230915j:plain

f:id:dmaiden:20181006193850j:plain

上の2枚 たぶんシュツットガルト駅近くの広場

 

f:id:dmaiden:20181007231002j:plain

 これ、よく分かりません。。

 

f:id:dmaiden:20181006194006j:plain

f:id:dmaiden:20181006194021j:plain

上の2枚

これも駅周辺だったと思いますが、銀行強盗の捕り物に遭遇しました。

ロケじゃありません。

かなり物々しい厳戒態勢だったんですが、顛末をニュースで聴いたら要求金額が低く、武器らしいものを何も持っていない単独犯という、ケチで間抜けな犯人だった。(笑)

ケガ人は一切出ていなかった模様。 よかったね。

 

 

 

f:id:dmaiden:20181007231220j:plain

 これはヘルマンヘッセの生家近くの広場だったと思います。

 

f:id:dmaiden:20181007231247j:plain

これもよく分からない。。

シュツットガルトってこれまで通算3回くらい計30日〜40日くらいの滞在期間があるので記憶もハッキリしなくて。。

 

実際、現地でそんなに写真を撮ってないんですよ。

というか、やっぱり当時どうでもよかったんだな。。写真は。

 

 

ちなみに当時の(2002年)ドイツでは国外旅行が減少していたらしく、金土日のウィークエンドのほうがエアーのチケットも格安になるんです。

 

 

ーーードイツ数字のトリビアーーー

ドイツ式の数字の書き方が奇妙で、特に「1」と「7」は顕著。

例えば、日本人が普通に書く縦一本棒だけの「1」はそもそも数字としても認識されないし、「7」←このフォントのような2角で書く7はドイツでは「1」と間違われます。

下にお皿の付いた「1」は「2」に間違われる可能性もあります。

 

「4」は下手すると「9」と読み間違ってしまうし、「5」はアルファベットの「S」みたいに見える人もいます。

大げさでなく、ドイツ人がサラサラっと書く数字は、ほとんどの日本人には判読不能で「なんだこれはっ!」となります。

 

f:id:dmaiden:20181016173840p:plain

僕も現地の人から電話番号を書いたメモを手渡されたときに (・・? とサッパリ分かりませんでした。

 

逆に日本人が書く数字はドイツ人にとっては判読不能であったり違う数字の誤解も生じるので注意が必要です。

 

「ドイツ人の数字」で検索すると、実際のいろんなサンプルが見られるので参照してみてください。

 

f:id:dmaiden:20181006194244j:plain

f:id:dmaiden:20181006194259j:plain

上の2枚の写真なんですが。

シュツットガルト空港からフランクフルト空港を経由してストックホルムへ向かったんですが、フランクフルト空港で飛行機トラブル発生。

 

予定時刻を過ぎてかなりの時間が経ってもなかなか飛び立たないので「どうしたんだろ?」と思ってたら、飛行機のエンジントラブルとのアナウンス。

別の飛行機に乗り換えることになりました。

 

けっこうレアかな。。

 

でも、ルフトハンザの機内ってなかなかシャレたデザインですよ。

 

まあ、そんなトラブルもありつつ、無事ストックホルムのアーランダ国際空港に到着しました。

でも、ビックリした経験がありました。

 

アーランダ国際空港に到着して、荷物を取って進んでいくと、いつの間にか到着ゲートを超えて一般エリアに自分がいる。

 

『あれっ!パスポート見せてないし、そもそもイミグレも通ってない!!』

 

どこでどんな間違いをしてしまったの? これ不法入国状態だろ! とんでもないことしてしまってるんでは!?

 

と、めちゃくちゃアセって近くにいた空港職員に事情を話すと、僕のパスポートを見ながら

「ああ、君ドイツで入国してるじゃないか。同じEUだから審査は2度いらないよ。」

 

ということ。

 

なるほど!というか、車ではフランスやオーストリアまで自由に行き来してたけど、まさか空路までノンパスポートでOKとは思わなかった。

恐るべしEU連合!!(笑)

 

 

ということでストックホルムでは4日間適当にブラブラしてました。

次はここ、明日はここ、みたいなツアーは効率的には周れるだろうけど、自分の目に留まったところで自由に過ごすことができないので、自分はツアーには参加したくないです。

 

f:id:dmaiden:20181006194753j:plain

時計と空に注目! 緯度が高いところだから。冬になったら全く逆の現象だけど。

 

f:id:dmaiden:20181006194817j:plain

この写真けっこう好きかな。

この当時のデジカメセンサーで、明暗差あるなかで、こんなに綺麗に撮れてるんだよね。。

やっぱりSONYのセンサー優秀なのかな。

 

f:id:dmaiden:20181009163043j:plain

この写真が一番好き。

当時のカメラってやっぱり暗いとこだとノイジーだけど、そのノイズが味になるときがあるよね。

 

 

f:id:dmaiden:20181009171940j:plain

泊ってたホテル。木の扉のエレベータでびっくりした。

 

スウェーデンは物価がめちゃくちゃ高いので有名です。

ほとんど公園の露店のホットドッグやハンバーガーみたいなファストフードばっかり食べてました。 

 

f:id:dmaiden:20181011005659j:plain

中央駅

 

f:id:dmaiden:20181011005751j:plain

 

ストックホルムの観光には観光案内所で「ストックホルムパス」を買うと便利です。

公共交通機関乗り放題や入場料の割引とか、並ばなくてスッと入れるなどメリットは大きいです。

詳しくはココから

etravel.ciao.jp

 

f:id:dmaiden:20181009172621j:plain

ノール運河沿いにある国立美術館 

ここは行く予定にしてた場所のひとつ。

レンブラントがたくさんありました。

いろんなロゴタイプなんかを集めた商業デザインの展示もあって、それが意外と面白かった。

 

f:id:dmaiden:20181009172711j:plain

宮殿。 衛兵交代も観てきました。

 

f:id:dmaiden:20181009172730j:plain

 

f:id:dmaiden:20181009172758j:plain

f:id:dmaiden:20181009172838j:plain

f:id:dmaiden:20181009172904j:plain

セルゲル広場 

夏はこれくらいに暗くなるのが23:30くらいなんです。

 

平日の夜遅い時間だと、まだ普通に明るいのに人も車の通りもほとんど無くなって、人が消えた街を見てるみたいな不思議な感覚です。

ホテルで夜中の3:00くらいに目が覚めると、もうまっ昼間のようなカンカンの青空でした。

一日中真っ暗にはなりません。

いわゆる白夜です。

 

f:id:dmaiden:20181011005352j:plain

スウェーデンではこれお馴染みですね。

 

f:id:dmaiden:20181009173238j:plain

これは中央駅のある大通り沿いだったと。

1日中起きてる日は無かったのでハッキリとは分からないけど、たぶんこれくらいが夏のいちばん暗い状態かと。

 

f:id:dmaiden:20181009173426j:plain

f:id:dmaiden:20181009173642j:plain

イカツイ! 

というか北欧の人ってやっぱりデカいです。

女性でも175cmオーバーくらいの人がほんとにフツーにたくさんいるし、さらに女性だと超足長いです。

エストの締まっている位置が高いから余計に足が長く見えます。

 

ちなみに僕は女性目当てでスウェーデンに行ったんじゃありませんよ!(笑)

 

よく言われている「free sex」てのは男女同権って意味で、自由にsexを行うという意味じゃありません。(笑)

 

同権意識が高いだけに女性が性を売り物にすることにも厳しい目が向けられます。

なので首都のストックホルムの繁華街にも一件たりともSEX SHOPはありません。

アンダーグラウンドでは存在するのかも知れないし、いま、どうなってるのかも分かりませんけどね。

 

地球の歩き方」に「そういうのを求めている人は歌舞伎町にいきましょう」とか面白いこと書いてあったな(笑)

 

あと、ショーウィンドに展示している婦人靴が デカっ!  とビックリしました。

ハイヒールの靴でも、多分25〜26㎝くらいのばっかりが並んでいて、日本だと女装する人のための店なの?って感じです。(笑)

 

やっぱり食べてる量も違うから「こりゃデカくなるわ」って思いました。

 

カフェテリアでパスタを頼んだら、日本の一般的なお店の大盛りパスタの2倍くらいの量なんで、食べてても「いつ無くなるの?」ってくらいで。

 

別のカフェテリアでも、スウェーデンの家庭料理のポテトグラタンを頼んだら、ホールケーキ一個分くらいのが出てきて(笑)「食えるか!こんな量!」って感じです。

けど、肉体労働みたいなお兄さんたちが5人くらいで入ってきて「HA HA HA!」とか豪快に笑いながら同じものペロっと平らげてました。

 

「体のつくりそのものがちゃうやろ。。。」って感じでしたね。

 

 

参考までにドイツでもレストランで食事をすると、たいてい食べきれないような量が出てくるのですが、現地の人の話では、一般的なドイツ人でも全部を食べきれる人は少ないそうです。

店では満足できない人がいない量を出しておくのがデフォルトになっているだけなので、考え方の違いですね。

確か中国の料理のおもてなしの考え方も同じですよね。

 

食べられなかったら普通に残してくださいね。

お腹痛くなって旅に集中できなくなったら意味ないですから。

 

 

 

f:id:dmaiden:20181011005454j:plain

 

まあ、そんな感じで4日間ストックホルムでいろいろ観光して、またドイツにUターン。

 

ストックホルムは今まで行ったなかでいちばん印象に残るいいところでした。

次はやっぱり冬に行きたいな。

 

 

では、そんな感じで終わりです。

見てくれた人、どうもありがとう。

 

 

こんなブログもやってます

nandemomemo.hatenablog.jp